中学生 初めてのバイト

杉並で年末年始に郵便局で年賀状の仕分け

私は、50歳になったばかりの女性ですが、中学生の頃に郵便局でアルバイトをした事があります。東京都杉並区の郵便局で、冬休みの年末年始に年賀状の仕分けの作業です。

 

新聞と共に入ってきたチラシの募集を見つけ応募しました。今思うと、初めてのアルバイトでした。同じ中学生の妹と一緒にしましたが、当時、中学には、バイト禁止の校則もなかったし、学生向けのバイトで給料がまあまあだったのを覚えています。仕事場は、同い年くらいの学生でいっぱいでした。

 

班分けをしてから、こっちの班は、この仕訳を、と、順番に色々な仕分けをします。私達は年賀状専門ですから、真っ先に、年賀状と普通のハガキを分ける作業があるのです。が、そんな中学生に混ざって、一人、中年の女性がいて、驚きました。今でも、あの人は何だったんだろう?と不思議です。
郵便局の人ではなかったのです。長期のパートさんだったのでしょうか。

 

働く時間に遅番と早番があり、その時初めて、社員食堂という場所で食事をしました。ラーメンとかうどん、カレーとかの安い単品を食べていたのですが、遅番で夕食をとる時、それらが売り切れで、高い定食しかなく、困っていた時、

 

食堂のコックさんが親切に、「焼きうどんだったら、あるけど、どう?」
と聞いてくれました。女言葉で話す男の人を見たのも初めてでした。

 

仕事は、仕分けですから、単純作業です。難しい事はないですが、時間が異様に長く感じました。真面目にやれば、誰でもできる仕事ですが、お給料はそれほど高給ではありませんでしたが安くもありませんでした。現金を手渡しでいただきました。現在のシステマティックな仕分け作業とは異なるシステムだとは思いますが、初バイトに向いているお仕事だと思います!

 

学生向き 年賀状の仕分けバイト