松本市で年賀状の仕分けで稼ぎました

高2の冬休みに年賀状の仕分けをしました!

高校2年生の冬休みのバイト

私が郵便局のアルバイトをしたのは高校2年生の冬休みでした。長野県松本市の郵便局から、12月頃に自宅にビラが入っていたのがきっかけです。募集していた仕事は配達と仕分けの2つでした。細かい作業が好きなので仕分けに応募をしました。

 

南郵便局で面接をし、詳細などを教えてもらい、自宅から近い里山辺郵便局に配属されました。アルバイトは私を含め女性3人ほどと男性が5人ほどいました。アルバイトをした時期がお正月だったので、仕事は年賀状の仕分けでした。

 

ポストに入っていた年賀状を郵便番号で分け、さらにそれを住所の表を見て個人に分けました。引っ越していていなかったり、間違っているものは訂正シールを貼ったりしました。

 

私の家と同じ地区だったので住所の表には知っている人の名前が多かったのですが、個人情報なので年賀状の中身は見てはいけないし、外で話すこともしてはいけません。

 

>> 仕分けバイトの応募はトップページから!<<

 

報酬額

ピークになる元旦前は年賀状の量がかなり多いので、時間で終わらず残業になることも数日ありました。残業できるか聞いてくれるので断ることもできました。報酬は時給800円で、1日5時間くらい働きました。期間は2週間ほどで、ゆうちょ銀行の口座に5万円振り込まれました。

 

メリット

この仕事のメリットは、他のアルバイトの方と話す機会がほとんどないので自分のペースでできるところです。ノルマもありません。

デメリット

デメリットは、ずっと字を見る同じ作業なので、かなり目が疲れます。人が多い時は座る場所がないので立って作業をすることもありました。他の人とうまく交代して立ったり座ったり出来れば疲れは減ります。私は黙々した作業が好きだったので苦になりませんでしたが、細かい作業やずっと同じ作業を繰り返すことが苦手な人は向かないと思います。

 

郵便局の方は優しい人が多くて、常に気を配ってくれましたし、休憩時間にはおやつをたくさん振る舞ってくれました。

 

自分が分けた年賀状が届くのを楽しみに待っている人がいると思うと適当には出来ませんし自然に丁寧になります。自分が普段何気なく受け取っている郵便がどのように届いているのか分かっていい機会でした。

 

>> 募集サイトはコチラから!<<