名古屋でお正月に年賀状の短期バイト

冬休みに郵便局の内勤のアルバイト

いま46歳なので、もう25年前の経験です。当時大学生だった私は、冬休み中のアルバイト先を探していました。そこに母が郵便局でバイト募集の貼り紙を見つけ、愛知県名古屋市内の郵便局で働くことになりました。

 

年末年始の繁忙期のお手伝いです。私は女性なので事務所内でハガキの仕分け、男性は配達の仕事に振り分けられました。

 

 

仕分けの業務内容

一定の地域別に分けられたハガキを束で渡され、それを各戸別に分けるのが仕事でした。目の前に小さく仕切られた各戸の名前が書いてある棚があって、ハガキの住所と宛名を確認しながら、その棚に一枚一枚入れていくのです。

 

初バイトが郵便局でした

実はこれが初めてのアルバイトで、接客には自信がないし、体力仕事は難しいし、怪しいバイト先には注意したいし…という私にはピッタリの仕事でした。ただひたすら黙々と仕分けするので、まわりの人とおしゃべりする暇もないというのも、人見知りする自分に合っていました。

 

自分が仕分けたハガキを、同じ大学生の男子たちが自転車で配達に行く。それを見るとなんだか力強く感じて、子どもながらにやりがいを感じたことを覚えています。

 

自分の仕分けに間違いがあると大変な迷惑をかけてしまうので、緊張もしますが、2週間余りの仕事を終え、初のバイト代をいただきました(金額は忘れましたが、当時のファーストフード店と変わらない時給でした)。
終えて思ったのは、自分が宛名を書くときは読みやすく心がけよう、ということでした^^;

 

>> ネットで年末年始の郵便局バイトを探すなら!<<